Q.1補聴器ってどんなものですか?聞きたい言葉や音がすぐに聞こえるようになりますか?

補聴器は精密な電子機器です。最近の補聴器は騒音抑制機能や場面に合わせたチャンネル機能など、聞きたい音を強調したり、耳障りな音を小さくしたりできるようになりました。

お客様のご要望や耳の聞こえ具合に合わせて補聴器を選び、必要な音がよくわかるように段階的に調整(フィッティング)していきますので、補聴器ご購入の際は、一定の知識と技能を有する専門家(認定補聴器技能者)にご相談ください。

Q.2補聴器には、どのようなタイプがあるのでしょうか?

【耳かけ形】

扱いやすく種類や性能も豊富。最近は耳かけでも小さく目立たずデザイン性もあり、人気があります。

【耳あな形】

耳の中に収まるタイプです。小さく目立たないのが特徴です。

【ポケット型】

他のタイプに比べ価格が安く、操作が簡単。

Q.3補聴器が欲しいのですが、どのようにしたら良いのでしょうか?

耳鼻科医の診断を受けましょう。聞こえが悪くなるのは、年齢によるもの、耳の疾患によるものなど、個人によって大きく異なります。聞こえの程度や難聴の要因から適正な補聴器を知るには、耳鼻科医の診断を受け、認定補聴器技能者のアドバイスを受けるのがベストです。

Q.4お店ではどんなことをしてくれるのでしょうか?

◎まず、ご相談、ご希望をよく聞いて適切なガイダンスをします
◎補聴器をフィッティングするための聴力測定をします。
◎適切な補聴器を選択し、調整しながら聞こえを評価をします。

Q.5補聴器を買おうとしたら両方の耳につけるようにすすめられました。なぜでしょうか?

補聴器を両耳につけると、両方の耳で聞く機能を活かすことができ、片方の耳につける場合より聞き取りが良くなるなどの利点があるからです。

両耳装用の効果

①音の方向や位置がわかりやすくなる
②両方の耳から音が入るので、自然に聞くことができる
③騒音の中でも会話をよりはっきりと聞き取れる

聞こえの効果をより高めるため「両耳装用」をすすめるケースが増えています。病気や聴力により両耳で効果が出ない場合もありますのであらかじめ耳鼻科で両耳に付けても良いかどうか相談しておくと安心です。